KCJL2020
Surgical

会期/会場

会期:2022年4月16日(土)
会場:メルパルク京都 4F研修室
※会場開催と Web 配信のハイブリッド開催を予定しております。

ご挨拶

KCJL 2022 Surgical は4月16日(土)に開催します。この数年大阪で開催していましたが、今回は京都のメルパルクでの開催となります。

毎回ホットな討論が繰り広げられる午前中のビデオセッションですが、今回のテーマは大動脈弁置換での弁輪拡大としました。TAVI での Valve in Valve が生体弁 SVD の一つの選択肢として確立された今、弁輪拡大をしてより大きな生体弁で置換しておきたいと考える症例も増えてくると考えられ、この手技を取り上げました。

ランチョンセミナーでは人工弁輪についてエキスパートの先生に講演をいただく予定です。

午後からは2つのスポンサードセッションを設けています。1つ目は MICS での再手術を、2つ目はようやく日本にも導入されたコアノットを使用しての手術としています。

ME セッションでは人工心肺回路の工夫とトラブルシューティング、そして ECMO についても人工心肺技師の方々と一緒に討論する予定です。毎回好評である難渋した症例は今回も示唆に富む症例を提示する予定です。

最後のイブニングセミナーは前回にできなかったバイオベントール手術を再度取り上げます。エキスパートの先生からの座学の後で我々世話人も参加して熱い指導の下にウェットラボを行う予定ですので奮ってご参加ください。

現時点でオミクロン株での感染が拡大していますが、春にはそれも落ち着いて当日皆さんと対面で活発な討論ができることを楽しみにしています。

プログラム

09:00-12:00ビデオライブ 「AVRにおける各種弁輪拡大の詳細」

座長 小山忠明 神戸市立医療センター中央市民病院
畔栁智司 岸和田徳洲会病院
コメンテーター 坂口元一 近畿大学病院
恒吉裕史 静岡県立総合病院
北村英樹 名古屋ハートセンター
演者 Nicks法
小山忠明 神戸市立医療センター中央市民病院
生体弁SVDに対するTAVIでのValve in Valve
江原夏彦 神戸市立医療センター中央市民病院
AVRでのManougiuan法を中心にNicksh法以外での弁輪拡大法
大北 裕 高槻病院
MICS-AVRでの弁輪拡大
伊藤敏明 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院
Konno法を用いた大動脈弁輪拡大術
山岸正明 京都府立医科大学

12:10-13:10ランチョンセミナー 「リング」

13:10-13:40スポンサードセッション I 「MICS の Redo」

座長 秦 広樹 徳島大学病院
演者 T.B.A.
岡本一真 近畿大学医学部
T.B.A.
阿部恒平 聖路加国際病院

13:45-14:15スポンサードセッション II 「COR-KNOT」

座長 沼田 智 京都府立医科大学附属病院
演者 T.B.A.
坂口太一 兵庫医科大学病院

14:20-15:50ME セッション

座長 鈴木友彰 滋賀医科大学
演者 回路の工夫と症例提示
稲垣伸光 和歌山県立医科大学附属病院
T.B.A.
山本浩史 滋賀医科大学
当院におけるECMOシステムの紹介
大平順之 兵庫医科大学病院
T.B.A.
岡田恒典 高知医療センター

15:50-17:00「この症例どうする?-難渋した症例-」

座長 西 宏之 大阪医療センター
コメンテーター 湊谷謙司 京都大学医学部附属病院
岡田健次 神戸大学
演者 T.B.A.
榊原 裕 高松赤十字病院
PCPS,IABP留置のVSPに対し、術後僧帽弁形成術を追加した症例
福井伸哉 関西ろうさい病院
T.B.A.
T.B.A. 兵庫県立姫路循環器病センター

17:10-19:10イブニングセミナー/Hands-on Session 「Bio-Bentall」

演者 T.B.A.
福村好晃 徳島赤十字病院
ハンズオン講師 岡本一真 近畿大学医学部
畔栁智司 岸和田徳洲会病院
小山忠明 神戸市立医療センター中央市民病院
鈴木友彰 滋賀医科大学
西 宏之 大阪医療センター
沼田 智 京都府立医科大学附属病院
村上博久 兵庫県立姫路循環器病センター

参加登録

準備中

近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)事務局

〒440-0886 愛知県豊橋市東小田原町48番地 セントラルレジデンス 201 Tel 0532-57-1278 / Fax 0532-52-2883 / E-mail kcjl@kcjl.gr.jp